【マイクラスイッチ】エンドポータルへの道の開通と拠点作成〈Part71〉

エンドポータルも無事発見し、装備とアイテムさえ揃えばいつでも果ての世界へ突入できるという状態までようやく来ました。
しかし果ての世界は多少危険な場所でもあるため、ゲームオーバーになってしまった時の対策も必要です。

そこで今回はエンドポータル付近に「拠点」の作成をしておくことにしました。
拠点作成の流れでネザーを経由した道の作成も行っていきます。


場所を決めて拠点作成

拠点を作る理由

エンドポータルは果ての世界(エンド)にいくための場所です。
果ての世界は初めて突入する場合エンダードラゴンとの戦いがありますし、エンダーマンが大量にスポーンしているためゲームオーバーになる危険性が高いです。

この時リスポーンする地点が初期スポーン地点だと、戻るのに一苦労となってしまいます。
こういった状況を防ぐために、エンドポータル付近に寝る場所と予備のアイテムなどを置いておける拠点を作ることにしました。

拠点に必要なもの

チェスト
予備のアイテムを保管しておくために必要です。
装備品はもちろん、松明やポーションなど果ての世界で使いそうなものを入れておくと便利です。
ベッド
リスポーン地点の設定のために必要です。
果ての世界は安全ではないためゲームオーバーになる可能性もあります。
突入する前に拠点で寝ておくことで、やられてしまっても最後に寝た場所に戻ってくることができます。
ネザーゲート
元の拠点との通路としてあった方が便利です。
暗黒界では移動距離が1/8となるため、遠かったエンドポータルまでの道を素早く移動できます。
果ての世界で入手できるアイテムのために訪れることも多いので、通路を開通しておくと便利です。

拠点の作成

今回はエンドポータルの部屋の横に、新たに部屋を作って拠点を作成していきます。
まずは5×8の範囲の穴を掘って、スペースを確保しました。

壁面を整えて必要なものをすべて設置していきます。
完成した様子がこのような感じです。

リスポーン地点となるベッドを設置し、壁際にチェストと作業台も設置してみました。
チェストの数は多少多いですが、シルバーフィッシュによってボロボロにされた要塞を修復するための資材入れとして設置しています。

元の拠点との行き来を短い距離でするために、ネザーゲートもしっかり設置しました。
ゲートに関してはこの段階では立てただけなので、ここから暗黒界に入り最初に作成した拠点とエンドポータルの拠点をつなぐ道を整備していきましょう。

エンドポータルへの道を作成

やはりゲートはつながった

不安的中ということで、今回またしてもネザーゲートがつながってしまいました。
座標的には600以上離れているのに不思議です…。
WiiU版をプレイしていた時はそこまで多くなかったのですが、統合版はこの現象が多いのでしょうか?

仕方ないので距離計算をして位置を合わせていきましょう。

つながってしまったゲートは砂漠の村にあるゲートでした。
この砂漠の村のゲートのオーバーワールドでの座標は【209.65.2806】、エンドポータル付近にあるゲートの座標は【-446.23.2855】です。
この座標の数値から2つのゲートの距離と、暗黒界に設置すべきゲートの距離を計算します。

【距離計算】
(209.65.2806)-(-446.23.2855)=(655.42.-49)

【暗黒界の距離計算】
(655.42.-49)÷ 8 =(82.5.-6)
※小数点以下は四捨五入しています。

Y軸とZ軸はほとんど変わらないため、砂漠の村につながる暗黒界の中のゲートからX軸に82移動した場所にゲートを立てます。

今回の場合だと暗黒界のつながったゲート(24.84.347)から82離れた場所(-58.84.347)の位置です。
これでエンドポータルにつながるネザーゲートが完成しましたので、次は道を整備していきましょう。

暗黒界の道整備

暗黒界はマグマや発生するモンスターの危険性が高いことから、道を整備しておいた方が安全です。
道はトンネルのような周囲のモンスターから見えないものが作れると理想です。

今回は掘り進むだけでよかったので、暗黒石を掘削して安全な道を作ることができました。

下はモンスターが湧かないように下付きのハーフブロック、天井も少し明るい雰囲気にするために石系の素材を使用しています。
これで拠点からエンドポータルへの時間短縮ルートとなる道も完成しました。

このような感じで今回は「拠点」と「道」の作成を行いました。
作業自体は非常に地味でしたが、この2つを作成しておくことは安全と便利さを考えると必ず必要なものとなります。
よく使用する場所などがある場合は、ぜひ参考に作ってみて下さい。

以上、『エンドポータルへの通路開通と拠点作成』でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です