【マイクラスイッチ】村の整備とオシャレな湧き潰し〈Part25〉

前回はサバンナバイオームで初めての村を発見することができました。
ここで行うべき1番作業が「村の中の湧き潰し」なわけですが、今回はただ単に松明などの光源を設置するだけでなく、景観にこだわった湧き潰しを行っていきます。


村の湧き潰しで注意すべき場所

村の中で湧き潰しをするとなると、村全体を明るくする必要があります。
しかし村自体の土地が広いため、ついついそこだけに目が行きがちです。
村の中にはこれ以外にも注意すべき場所があるので、確認をしておきましょう。

【湧き潰しを忘れがちな場所】

畑は作物や水路があり周囲を原木で囲まれた状態で生成されています。
周囲の土地ばかりに目がいくと、この部分をうっかり忘れてしまうので注意が必要です。
屋根 階段ブロックのみで生成されている屋根は問題がありませんが、平な部分がある場合は注意が必要です。
この部分にモンスターが湧いてしまうと結果村人が攻撃を受けることになります。
家の中 家の中も目が届きにくい場所の1つです。
元々松明が設置してあることが多いですが、これだけではモンスターが湧かない明るさレベルを保つことはできません。
暗い場所がないか全ての家をチェックしておきましょう。

この3点を抑えた上で村全体の湧き潰しをすれば、モンスターの湧く空間はなくなり安全を保つことができます。
具体的な明るさとしては明るさレベルを8以上に保つことが重要です。
松明の明るさは設置場所が14の明るさレベルなので、平坦な場所であれば十字方向のみ6ブロック分の湧きを防止することができます。
ですが段差の問題もあるため、松明の基本的な間隔は5マス置き以下にしておくとより安全でしょう。

まずは村を整備

湧き潰しを行う前にしておいた方がいいのが「村の整備」です。
村はフラットな状態で生成されることは少なく、ほとんど村が段差がたくさんある状態で生成されています。
この段差がために「入ることのできない家」があったり「通りにくい通路」があったりします。

なのでこういった段差を始めに整備しておくことで、湧き潰しも非常にしやすい環境を作ることができます。

今回は周囲の変な段差を全て取り払い全ての家に入れるようにした上で、通路もハーフブロックを使ってスムーズに通れるようにしておきました。
この村の整備は家や通路を中心に考えて作業を行うのが、1番やりやすいと感じました。

オシャレな湧き潰し

湧き潰しは明るさレベルを保つというのが目的のため、単純に松明を立てていくだけでも成り立ちます。
しかし松明が大量に村に立っていると、景観が悪いどころか少し不気味な村になってしまいます。
そこで今回は松明を隠した湧き潰しを行いました。

使用した材料

松明
設置場所の明るさレベルは14の光源となるアイテムです。
棒と石炭(木炭)をクラフトすることで作成できます。
葉ブロック
木の葉をハサミで伐採することで入手できるブロックです。
光を通すブロックの中でも比較的序盤で入手可能です。

湧き潰し

今回は2つのアイテムを基本として、葉ブロックが光を通すという特徴を利用し松明を下に埋め込んだ湧き潰しを行います。
これは光源を隠す湧き潰しとしてはよく使われる手法ですが、葉ブロックにはモンスターが湧かないという部分も湧き潰しに効果的です。
葉ブロックを使用した湧き潰しをするとこのような感じになります。

葉ブロックの下の松明は3ブロック置きに設置していますが、これでもかなり明るくなりました。
まだ湧き潰しが不十分な部分もありますが、この辺りは今後ゆっくり完成へと持っていきます。

湧き潰しの方法は様々ですが、景観を壊さない方法がいまいち思い浮かばないという方はぜひ参考にしてみて下さい。
以上、『村の整備とオシャレな湧き潰し』でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です