【マイクラスイッチ】食料の確保と松明の設置〈Part3〉

今回は前回作った畑を利用した食料確保と、この作業中に少し危険な場面があったので松明の設置を行いました。


農業で食料の確保

今回は序盤でも比較的効率的に確保できる『作物』を使った食料の確保を行います。
植えていたのは、1番入手が簡単な〈種〉です。
種は畑で成長させることで小麦を収穫でき、小麦によって〈パン〉を作ることができます。
それでは早速作っていきましょう。

畑を整備

種の育成を待ちながら、まずは畑の整備を行います。
耕した畑は高いところから落下することで土に戻ってしまいます。

このため収穫&種植えを効率的に行うには、なるべく畑の周囲に段差をなくすのが理想です。
出来上がった小麦を収穫しながら畑を整備した様子がこのような感じです。

畑の周囲の段差を取り払い、高いところから畑に落下する危険性を減らしました。

パン作り

しばらく作業を繰り返しているとある程度〈小麦〉ができたので、実際食料にするためにパンをクラフトしていきます。

〈パン〉は小麦を3つクラフトすることで作成できますので、小麦3つを用意して〈作業台〉でクラフトを行います。
これで食料となるパンは完成しました。

今後この要領で小麦を収穫しながら、パンを大量に作ってサバイバル生活を満たしていきます。

松明を設置して安心な夜に

今回畑での作業中にクリーパーが現れるという危険な事態が発生しました。

クリーパーは近づくと爆発するという、かなり危険なモンスターです。
ダメージ量は即死級(防具なしの場合)ですし、何より作ったものが破壊されてしまう…。

こいつはなんとか倒しましたが、急ぎ対策を打つことにしました。

松明を作る

サバイバルモードでは暗くなるとモンスターが出現することは以前にお伝えしましたが、これを回避するには常に明るい環境を作っておけばいいだけです。
常に明るくするために光源となる〈松明〉を設置が必要です。
まずはこれを作っていきましょう。

松明は〈棒〉と〈木炭〉もしくは〈石炭〉をクラフトすることで作成することができます。
石炭が運良く近くにあればいいですが、今回はなかったので〈木炭〉を作り出す方法を取ることにしました。

かまどの用意

まずは木炭を作るために必要となる〈かまど〉作りです。
かまどは〈丸石〉8個をクラフトすることで作成できますので、ツルハシを使って石を採掘して材料を集めましょう。
作成したかまどは、今回拠点に設置しておきました。

原木を燃やす

設置したかまどに次は伐採した〈原木〉を入れていきます。
下に入れるのは燃料となるものであればなんでもいいですが、上は必ず原木である必要があります。

焼き上がると〈木炭〉が完成しました。

松明を作る

焼き上がった〈木炭〉と〈棒〉をクラフトして、松明を作ります。
材料1つずつで、4つの松明ができるのはお得ですね。

松明を設置する

出来上がった松明を畑の周囲や、拠点に設置していきました。

正直これではモンスターはまだ出現してしまいますが、多少は出現しづらい環境になってきたと思います。
明るい場所はまだまだ広げないとあまり意味はありませんが、今後材料を揃えながら少しづつやっていけたらと思います。

今回は目標である〈パン〉の作成ができて、しばらくの間は食料面の心配はなくなりました。
今後さらに環境を整え冒険なども行っていきたいと思います。

以上、『食料の確保と松明の設置』でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です