【マインクラフト Wii U】地下倉庫に多段式仕分け機の導入開始|1段目の作成完了《PART186》

今回は《多段式仕分け機》の倉庫導入開始を行います。

前回倉庫の拡張作業を行い《仕分け機》導入のスペースを確保できました。
仕分け機はかなりのスペースと材料が必要になるので、今回の作成を通して必要材料や作成手順をお伝えしていきたいと思います。




仕分け機に必要な材料

仕分け機には非常に多くの材料が必要になります。
以下が主な必要材料の一覧です。

〈チェスト〉

木材×8をクラフトすることで作成できます。
〈トラップチェスト〉

チェスト×1・トリップワイヤーフック×1をクラフトすることで作成できます。
〈ホッパー〉

チェスト×1・鉄×5をクラフトすることで作成できます。
〈レッドストーントーチ〉

棒×1・レッドストーン×1をクラフトすることで作成できます。
〈反復装置〉

レッドストーン×1・レッドストーントーチ×2・石×3をクラフトすることで作成できます。
〈コンパレーター〉

闇のクォーツ×1・レッドストーントーチ×3・石×3をクラフトすることで作成できます。

この中でも《ホッパー》は1番使用数量が多いです。
1つのホッパー作成のために鉄を5つも消費してしまうため、十分な材料の準備が必要になります。

仕分け機作成のスペース

2段の仕分け機を作成するにはスペースがそれなりに必要になります。
幅自体はどれくらい《チェスト》を並べるかによって変わってきますが、高さと奥行きは最低でも8×7のスペースが必要です。

地下に倉庫がある場合は天井と床の距離を初めから確認しておかないと、地下倉庫から回路部分が天井より高い場所に組まれることにもなりかねない大きさです。

多段式仕分け機の作成

1段目の作成手順

〈スペースを確保してチェストを並べる〉

ブロックを2列分設置して、その上に《ラージチェスト》を設置していきます。
ブロックの上にチェストを設置したのは、後々《額縁》などで内容をナビするためです。
※チェストを横に置くためには、《チェスト》と《トラップチェスト》を交互に設置する必要があります。

〈ブロックを後ろに設置してレッドストーントーチ〉

先ほどの画像と逆の位置からで申し訳ないですが、画像のような設置方法になります。
チェストの後ろにブロックを並べ、1ブロック空けた場所にブロックを並べます。
チェスト側ではない方のブロックに《レッドストーントーチ》を設置します。

〈ホッパーの設置〉

ホッパーを仕分け部分に対して3つ設置します。
1つ目をチェストに接続して設置後、2つ目を1つ目に接続する形で設置します。
1つ目の上にブロックを仮置きし、このブロックに接続して3つ目のホッパーを設置します。
設置完了後、仮置きしたブロックは撤去します。
※これはあくまでも2段目を想定した設置方法です。

〈反復装置の設置〉

レッドストーン反復装置を内向き(チェスト向き)に設置して、その後ろにブロックを設置します。

〈コンパレーターとレッドストーンの設置〉

ホッパーの後ろにブロックを設置し、そのうえに《コンパレーター》を外向き(チェストと反対方向)に設置します。
反復装置の上にもブロックを設置し、この上と1段下がった隣のブロック全てに《レッドストーン》を設置します。

〈アイテムを流すホッパーの設置〉

実際に仕分けしたいアイテムを流す場所を《ホッパー》を使用して作成します。
流したい方向を決め流れ着く最後の場所にブロックを仮置きします。
※画像ではスライムブロックの位置です。
仮置きしたブロックにホッパーを接続し、全て同じ向きに設置します。

これで右から左へアイテムが流れる仕組みの完成です。

〈仕分け機の仕上げ〉

仕分け機の重要な部分である、アイテムを選別する場所を作成します。
上から2番目(ブロックを仮置きして設置した部分)のホッパーに、選別したいアイテムを入れていきます。
アイテムを入れる場合は右から1つずつ入れていき、1番左が18個になるように入れておきます。
合計22個の同じアイテムが入ったら、実際に仕分けを行う部分が完成します。

〈1段目の完成〉

一番上のホッパーのスタート地点にチェストを設置し、アイテムを入れる場所を作成します。
仕分けるアイテムが分かるように《額縁》でナビをつけておくと分かりやすいです。

今回の感想

今回は1段目の作成まで完了させました。
以前も仕分け機についてお伝えしたことはありましたが、実際倉庫に導入していくのと圧倒的に違ったのは材料の数でした。
特にホッパーに必要な鉄の不足具合は異常です。

このままでは正直2段目の作成まで足りそうにないので、一度材料収集などを挟んで作成に取り組んでいこうと思っています。
正直材料不足は想定して取り掛かりましたがここまでとは…。

仕分け機はできてしまえば便利ですがコストが高いので、作成にチャレンジする場合は過剰なくらい材料を所持しておくことをお勧めします。

以上、『地下倉庫に仕分け機導入〜1段目の作成〜』でした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です