【マインクラフト Wii U】ドア設置の影響と村人の行動|新しい村づくり15日目《PART175》

今回は『新しい村づくり』の15回目ですが、若干検証も含めた感じになっています。

少しずつ家も建ち始めようやく村らしくなってきたところなのですが、少し気になることが…。
それは《村人》の集まる場所です。

村人達は村の中心を認識するようで、基本的には中心に集まってきます。
今回はこの認識を変更し家に村人を呼び込む作業を行いました。




現在の状態

村人は家の認識をすることで村の場所を確認しています。
この家の認識をするために重要なのが《ドア》です。

村人にとっては『正しく設置されたドア』=『家』となるので、ドアの設置さえ正しければ家の認識をさせられるということになります。
(ドアの正しい設置に関しては後ほど解説します。)

現在の村は以前《高床式増殖期》を設置していたため、村に1枚もドアがありませんでした。
その結果《村人》が集まる場所は…

なぜか村の端にある《噴水》に集合しています。
せっかく建てた建物には残念ながら1人も見当たりませんでした。
今回はこの現象を《ドア》だけで解決していきます。

村人招待前の整地

前回建てた家の付近は整地と湧き潰しが完了していなかったため、まずはこの作業を行います。
山を削り、出てきた洞窟も埋めたりもしたので以外に時間がかかりましたがなんとか完成。

呼び込んでも十分な安全が確保できる場所になったので、いよいよ村人の移動を行います。

ドアの設置で村人を移動

今回行う作業は村に《ドア》が1枚もなかったため中心が存在していなかったので『村の中心を作る』という作業です。
すでに《ドア》のある村でも設置を変えることで、『村の中心をずらす』ということも可能になります。
この作業を行うためにはまずドアの正しい設置が必要になります。

ドアを家と認識する設置

ドアは設置する時にドアの前後のブロックの《日照量の差》が影響し、認識する場合としない場合が出てきます。
説明すると難しく感じますが、要するにドアの外側が家の中か外かという程度のことです。

今回検証してみて《村人》の動きがあった場合・なかった場合を見てもらえるとわかりやすいかと思います。

正しいドア設置で村人を移動

しっかり家と認識させるような《ドア》の設置をして、村人を呼び込んでいきました。

夜ということもあり、見る見るうちに《村人》が移動してきました。
噴水の向こうにいる数人は場所が遠すぎて認識ができていないと思われますが、ほとんどの村人を家に呼び込むことに成功しました。

今回の検証でドアの設置で村人を移動することができる知識がつきました。
もし村人の集まる場所に困っている方がいたら、ドアの設置で場所をコントロールしてみてもいいかもしれません。
というわけで、『ドアの設置の影響と村人の移動』でした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です