【簡単】マイクラでマルチプレイを始めるための全手順まとめ【初心者向け】

マルチプレイで遊びたい人

「マイクラでマルチプレイをしてみたいけど、どうやって始めたらいいか分からない。マルチプレイは初心者なので、分かりやすく教えてもらえると助かります。」

こういった疑問に答えます。

本記事では、マインクラフトでマルチプレイを始めるための全手順をお伝えしています。エディションやバージョンを揃えるところから、実際に友達とサーバーに入るところまでを、5つの手順に分けてまとめてみました。

初心者の方でも、これでマルチプレイをスタートすることができるはず。これからマルチプレイをスタートさせてみたいという方はぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

マイクラでマルチプレイを始めるための全手順まとめ

マイクラでマルチプレイを始めるために必要となる、全ての手順が次のとおりです。

  • 手順①:マイクラのエディションを決める
  • 手順②:レンタルするサーバーを決める
  • 手順③:契約をしてサーバーを立てる
  • 手順④:サーバーの設定を確認する
  • 手順⑤:サーバーに友達と入る

決めること→「エディション・サーバー」、作業すること→「立てる・設定する・招待する」と言った感じです。

なお、難しそうに感じる『サーバーを立てる』ですが、慣れると10分もかからずにできます。これを機にマスターしてみましょう!

それでは、順番に解説していきます。

手順①:マイクラのエディションを決める

マイクラをプレイしているならご存知とは思いますが、マイクラにはエディションが2つあります。

  • Java版:PCのみ
  • 統合版:PC、switch、PS4、スマホ

マルチプレイをする場合、まずはここを揃えましょう。エディションが違う相手とはマルチプレイができません。

なので、一緒にプレイするフレンドさんと、最初にここを揃えておくようにしましょう。

参考程度にですが、エディションによる違いは次のとおりとなっています。

Java版 統合版
対応機種 Windows、Mac、Linux PS4、Switch、スマホ、Windows10
MODの利用 できる できない
プラグインの追加 できる できない
スキンのカスタマイズ できる 制限あり
設定の自由度 高い 低い

もっと詳しく知りたいという方は、この内容を深掘りした記事があるので参考にどうぞ。

»参考:【マイクラ】Java版と統合版の違いを5つのポイントで解説【選び方=遊び方】

バージョンも揃えておきましょう

ちなみにですが、マルチプレイをする場合はバージョンも揃えておく必要があります。

「1.17」と記載されているアレですね。

お互い最新バージョンであれば問題ないと思うので、しっかりアプデしておくようにしましょう。

バージョンを変更する方法が分からないという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

【超簡単】マイクラでバージョンを変更する方法【注意点あり】

2021年9月6日

手順②:レンタルするサーバーを選ぶ

続いてレンタルするサーバー選びです。

自宅サーバーで立ち上げる方法とかもありますが、ポート開放などいろんな作業が必要になります。なんだかんだ運営コストもかかるので、初心者だとレンタルサーバーを使った方が早いです。

サーバーを借りる場所の具体例としては、次のとおりです。

  • VPS:ConoHa、さくら、KAGOYAなど
  • 公式サーバー:Realms
  • 無料サーバー:Atermosなど

中でも、個人的におすすめするのは「VPS」ですね。

「公式サーバー」だとModが使えなかったりしますし、「無料サーバー」だと重すぎてぶっちゃけ厳しいです。ちなみに無料サーバーは広告とかも入ってきます。

なので、自由に楽しみたいのであればVPSから選びましょう。

初心者なら「ConoHa VPS」一択でOK

サーバー初心者ならConoHa VPS一択でOKです。理由としては、コスパやサービスの利便性が他と比べて最強だからですね。

»参考:【比較あり】マイクラにおすすめなレンタルサーバー3選 + 選び方のポイント

僕もConoHaを利用していますが、サーバーはほぼクリックのみで構築してくれますし、ワールドの管理システムもあるのでかなり便利です。

サーバーの規模によって選ぶべきプランは違いますが、あとで変更できるのでひとまず2GBプラン(1〜4人用)から試してみるといいと思います。※今なら期間限定で700円分が無料になるクーポンで試すことができるのでお得です。

手順③:契約してサーバーを立てる

選んだサーバーと契約して、サーバーを立てていきましょう。基本としてやるべきことは次のとおり。

  • ①:アカウント作成
  • ②:支払い方法設定
  • ③:サーバーを構築

各サーバーの流れに従うだけでできるので、この辺はわりと簡単です。

自動構築機能があるサーバーとかだと10分かからないレベルなので、初心者はこういったシステムのあるサーバーを選ぶといいと思います。

ちなみに「ConoHa VPS」については以前に詳しく解説しているので、不安な方は下記を参考にどうぞ。

【完全ガイド】マイクラのサーバーをConoHa VPSで立てる3つの手順:管理方法も解説

2021年8月23日

手順④:サーバーの設定を確認する

ここで言うサーバーの設定というのは、次のようなものを指します。

  • 起動状態:サーバーのオンオフ
  • ゲームモード:サバイバル・クリエイティブなど
  • 難易度:ノーマル・ハードなど
  • ワールドサイズ:ワールドの大きさ
  • PVPの有無:プレイヤー戦闘の有無

マイクラでマルチプレイをする前に、ホストとなるこちら側で決めておきましょう。

各サーバー会社で違いますが、ConoHaとかだと「Minecraft manager」というのがあって、そこから設定できるのでおすすめです。

»参考:サーバーの管理方法を知っておこう:Minecraft manager

手順⑤:サーバーに友達と入る

サーバーを立てて設定までできたら、フレンドと一緒にワールドに入りましょう。

まずは次の流れで、自分が入ることができるかを確認しておきます。

  • ①:マイクラを起動
  • ②:マルチプレイを選択
  • ③:サーバー名とIPアドレスを入力

これで「完了」を押せばワールドに入ることができます。IPアドレスが分からなくなったという場合は、レンタルサーバーの管理画面から確認できますよ。

確認ができたら、フレンドさんにもIPアドレスを伝えてワールドに入ってもらいましょう。これでマルチプレイがスタートします。

※IPアドレスは大事なものなので、ワールドに入って欲しい人だけに伝えてしっかり管理しておくようにしましょう。

まとめ

最後に今回の内容をまとめておきます。

  • 手順①:フレンドとエディション・バージョンを揃える
  • 手順②:レンタルサーバーを選ぶ(おすすめはConoHa)
  • 手順③:契約をしてサーバーを立ててみる
  • 手順④:立てたサーバーのワールド設定をする
  • 手順⑤:IPアドレスを伝えてマルチプレイ!(IPアドレスは重要)

上記の手順を全てクリアすることで、フレンドさんとマルチプレイを楽しむことができるようになります。

レンタルサーバーを利用すれば、初心者でも驚くほど簡単にできるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

というわけで、今回の内容は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA