【完全ガイド】マイクラのサーバーをConoHa VPSで立てる3つの手順:管理方法も解説

ConoHaでサーバーを立ててみたい人

「ConoHaでマイクラのマルチサーバーを立てようと思ってるけど、やり方が分からないので不安です。サーバー初心者なので、できるだけ優しく手順を教えてもらえると助かります。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ConoHa VPSを利用する前に知っておくべき3つのこと
  • マイクラサーバーを立てる方法を3つの手順で徹底解説
  • マイクラサーバーを管理する方法:Minecraft manager

この記事を書いている僕は、マイクラ歴5年ほど。
ConoHa VPSで初めてサーバーも立ててみましたが、なんと10分ほどで全てが完了しました。簡単すぎて本当に驚きです。

本記事では、その流れのすべてを分かりやすく解説しています。

1つずつ同じように進めていけば自分のサーバーが立ち上げることができるので、ぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ConoHa VPSを利用する前に知っておくべき3つのこと

「ConoHa VPS」を利用する前に、最初に知っておくべきことが3つほどあります。

それが、次のとおりです。

  • 自分に合った料金プランの選び方
  • 3ヶ月以上の利用なら割引がある
  • 解約は簡単だけどデータも消える

どれも損しないためには大事なことなので、事前に理解しておきましょう。そこまで難しい内容ではないので、少しだけお付き合いください。

遊ぶ人数に合わせて料金プランは選ぶべき

マイクラサーバーを借りるための料金プランですが、遊ぶ人数によって選ぶべきプランは変わってきます。

2GB 4GB 8GB
月額料金 1,848円 3,608円 7,348円
時間料金 3.3円 6.6円 13.2円
目安人数 4人以下 5〜10人 11人以上
CPU 3コア 4コア 6コア
SSD 100GB 100GB 100GB

上記のとおりで、基本は人数を目安に選べばOKです。

料金プランは自由に変更できるので、ひとまずはオススメされている2GBプランから始めてもいいかもですね。

※時間料金というのは利用が少ない場合に適用される料金表です。1ヶ月間どれだけ利用しても月額の料金を超えることはないので安心しましょう。

  • 2GBプランを10時間利用
    3.3円×10時間=33円
  • 2GBプランで30日フル稼働
    3.3円×24時間×30日=2376円・・・月額料金を超えたので1848円

支払い方法は3種類あります

ConoHa VPSでは支払い方法が3種類あり、ここも自分に合わせたものを選べばOKです。

  • クレジットカード:安定の自動引き落とし
  • ConoHaチャージ:入金した金額分のみサービス利用できる
  • ConoHaカード:購入してプリペイドカードとして利用できる

基本はクレカでいいと思いますが、学生や教職者はConoHaカードだと「学割」があるのでおすすめです。

»ConoHa公式|学割

ちなみに、支払い方法を幅広く選びたい方は「ConoHaチャージ」にしておくといいかもです。「クレカ・Amazon Pay・コンビニ払い」など支払い方法が多様で、クレカなしでも決済可能となっています。

料金プランも支払い方法も、自分の環境に合わせてしっかり選ぶようにしておきましょう。

3ヶ月以上の利用をするならVPS割引きっぷは利用しよう

ConoHa VPSを3ヶ月以上利用するなら、VPS割引きっぷを利用するとお得です。

どれくらいお得なのか、2GBのプランを例に見てみましょう。

  • 3ヶ月:1848円 → 1815円/月 1%OFF
  • 6ヶ月:1848円 → 1614円/月 12%OFF
  • 12ヶ月:1848円 → 1565円/月 15%OFF
  • 24ヶ月:1848円 → 1495円/月 19%OFF
  • 36ヶ月:1848円 → 1426円/月 22%OFF

一気に契約してしまった方が、当然ですが割引率は大きいです。

とはいえ、期間が長すぎると解約時に時期を待つことにもなるので、3〜12ヶ月くらいでスタートしておくのが現実的だとは思います。

プランや期間によって支払う料金がどれくらいになるか気になる方は、公式の料金シミュレーションがあるのでそちらで確認してみましょう。

»ConoHa VPS公式|料金シミュレーション

解約するのは簡単だけど、ワールドデータも削除されるので注意です

契約前に解約について話すのはどうかと思いますが、ここも重要なので知っておきましょう。

解約方法に関しては、以下を削除するだけなので簡単です。

  • 利用中のサービス(サーバー)
  • ConoHaアカウント

ただしこれを行う時はワールドも消えてしまうので、そこだけは理解しておきましょう。

ちなみに「VPS割引きっぷ」など期間がある契約をしている場合は、自動更新をオフにして期間満了まで待つことになります。

サーバーを借りるならどこでもこんな感じですが、この辺も理解した上で自分にあったプラン等を選ぶようにしておきましょう。

それでは、ここから実際に「ConoHa VPS」を利用してサーバーを立てる手順を解説していきます。

ConoHa VPSでマイクラサーバーを立てる方法を3つの手順で解説

ConoHa VPSでマイクラサーバーを立てる方法は簡単で、アカウントの登録をしてサーバーを追加するだけです。

まずはConoHa VPSにアクセスし「今すぐお申し込み」をクリックして、以下の手順を進めていきましょう。

  • 手順①:ログイン・情報入力 ← ここでアカウントを作る
  • 手順②:お支払い方法 ← ここで支払い方法を選択する
  • 手順③:サービスのお申し込み ← これでサーバーが完成

上記のとおり、ConoHa VPSのフォームを進めていくだけで、一瞬でサーバーが立ち上がります。

知識不要なので簡単ですが、一応それぞれ画像付きで詳しくお伝えしていきます。手順どおりにそのまま進めればOKです。

それではやっていきましょう。

手順①:ログイン・情報入力

ConoHa VPSにアクセスし「今すぐお申し込み」をクリックすると、「ログイン・情報入力」という画面が表示されます。まずはここから進めていきましょう。


● STEP1:必要な情報の入力

「はじめての方」のところの必須情報を入力していきます。
※メールアドレスとパスワードはログインに必要になるので、メモをとっておいてください。
入力が完了したら「次へ」をクリックしましょう。


● STEP2:本人確認

本人確認のため、電話番号を入力しましょう。入力が終わったら「SMS認証」をクリックしてください。
※SMS認証の方がスマホにメッセージが届くだけなので手軽です。メッセージが使えないという方は「電話認証」で通話で認証するようにしましょう。


● STEP3:認証コードの入力

受信したメッセージに記載されている、4桁の数字を画面に入力しましょう。これで「送信」をクリックすれば、本人確認は完了です。


アカウント情報の登録は以上です。続いて支払い方法に進みます。

手順②:お支払い方法

ここでは支払い方法を決めるだけです。

  • クレジットカード:基本的にはコレでOK
  • ConoHaチャージ:多様な支払い方法あり
  • ConoHaカード:学生・教職者の学割あり

上記3つの中から、自分に合った支払い方法を選びましょう。

これで支払いの選択は完了です。いよいよサーバー立ち上げる部分をやっていきます。

手順③:サービスお申し込み

ここからが本番です。・・・と言ってもポチポチとクリックしていくだけなので超簡単。順番に進めていきましょう。


● STEP1:サービスと料金プランを選ぶ

「Minecraft」を選択して、自分に合ったサービス・料金プランを選んでいきましょう。

  • サービス:Minecraft
  • VPS割引きっぷ:長期なら「利用する」を選択して期間を指定
  • プラン:プレイ人数でプランを選択

上記の内容でサクサク決めていけばOK。
プランは自由に変更できるので、迷っているならとりあえず2GBあたりからスタートするのがおすすめです。


● STEP2:エディションを選ぶ

「統合版」「JAVA版」の選択ができるので、自分がプレイするエディションを選択します。


● STEP3:パスワードとネームタグ

rootパスワードとネームタグを決定します。

  • rootパスワード:サーバー接続時に必要なパスワード
  • ネームタグ:サーバーの名前みたいなもの(変更可)

※パスワードは超重要なものなので、忘れたりバレると大事故につながります。人には教えずにしっかり自分で管理しておくようにしましょう。

rootパスワードをしっかり決めれば、ネームタグはデフォルトでもOKです。全ての入力が完了したら、「次へ」をクリックします。


お疲れ様でした。これで立ち上げは完了です。

サーバーリスト画面が表示されていると思うので、画面はそのままに実際にサーバーへの接続テストも行なってみましょう。

マイクラを起動してサーバーに接続してみよう

サーバーに接続する手順ですが、やるべきことは次の3つです。

  • ①:サーバーのIPアドレスを確認する
  • ②:マイクラからサーバーに接続する
  • ③:サーバーのワールドに入る

順番にやっていきましょう。

手順①:サーバーのIPアドレスを確認する

まずはサーバーのIPアドレスを確認します。


● STEP1:サーバー情報へ移動

サーバーリスト画面で、先ほど追加した「ネームタグ」をクリックします。


● STEP2:IPアドレスを確認

サーバー情報が表示されるので、「IPアドレス」をメモしておきましょう。


ここから、このIPアドレスのサーバーに接続をしていきます。

手順②:マイクラからサーバーに接続する

マイクラを起動して、実際に接続を行なってみましょう。


● STEP1:マイクラを起動

マイクラを起動して「マルチプレイ」を選択します。


● STEP2:サーバーを追加

「サーバーを追加」を選択します。


● STEP3:情報を入力

  • サーバー名:好きな名前でOK(変更可)
  • サーバーアドレス:確認したIPアドレス

上記のように「サーバー名」と「確認したIPアドレス」を入力します。入力ができたら「完了」をクリックしましょう。


これで無事サーバーとの接続が完了します。接続できている場合は、サーバーの右上に緑色のアンテナが立っているので確認してみましょう。

手順③:サーバーのワールドに入る

作成したサーバーを選び、上記のとおり「▶︎」or「サーバーに接続」をクリックします。

無事ワールドにアクセスできれば完了です。思う存分プレイしていきましょう!

接続できない場合はアップデートを

接続ができない場合、サーバーとのマイクラのバージョンが違う可能性があります。サーバーのバージョンは「Minecraft manager」というところで確認できるので、PCとサーバーのバージョンをアップデートするようにしましょう。

サーバーの管理方法を知っておこう:Minecraft manager

ConoHa VPSにはサーバーを管理するために「Minecraft manager」というものが用意されており、具体的に管理できる内容は以下のとおりです。

  • 設定①:バージョンの変更←アップデートができる
  • 設定②:PVPの設定(Java版のみ)←参加者同士のPVPのオンオフ
  • 設定③:ゲームモードの変更
  • 設定④:難易度の設定
  • 設定⑤:ワールドサイズの変更
  • 設定⑥:マップタイプの設定(Java版のみ)
  • 設定⑦:サーバーの起動・停止
  • 設定⑧:自動バックアップのオン・オフ

統合版なら6つ、Java版なら8つの設定ができるという感じです。

この「Minecraft manager」を利用する方法について解説していきます。

Minecraft managerの管理画面へ移動する方法

「Minecraft manager」の管理画面へ移動できるか、確認をしておきましょう。


● STEP1:サーバーのネームタグを選択

サーバーリストから対象のサーバーの「ネームタグ」を選択します。


● STEP2:Minecraft管理へ

「Minecraft管理」をクリックします。


● STEP3:情報の入力

  • ユーザー名:「root」と入力する
  • パスワード:サーバー立ち上げ時に決めたrootパスワードを入力する

上記のとおり「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。


これで「Minecraft manager」の画面が表示され、各種設定が行えるようになります。どういったものがあるのか、順に見ていきましょう。

設定①:バージョンの変更

バージョンのアップデートが必要な時に使用します。

詳しい方法は公式が解説してくれていて、そこまで難しい内容ではないです。バージョンの変更が必要な場合はここからやっておきましょう。

»ConoHa VPS公式|バージョンの変更方法

設定②:サーバーの起動・停止

運営しているマイクラサーバーを停止したり起動したりを、手動で行うことができます。

主にアップデートなどをする時に利用する部分です。普段はあまり使うことはないと思いますが、一応知っておきましょう。

設定③:自動バックアップのオン・オフ

ここが「オン」の状態であれば、マイクラサーバーのデータを1日に1回、自動でバックアップすることができます。

14日間分のバックアップが残るようになっているので、基本はオンにしておいていいと思います。

設定④:PVPの設定(Java版のみ)

PVPのオンオフの切り替えができます。

※PVPというのはプレイヤー・バーサス・プレイヤーのことです。なので、プレイヤー同士の戦いに関する設定ですね。

企画とかでプレイヤー同士の戦闘を可能にしたい場合は、ここから設定するようにしましょう。

設定⑤:ゲームモードの変更

ログインする参加者のゲームモードを選べます。

  • サバイバル
  • クリエイティブ
  • アドベンチャー
  • スペクテイター

上記の4つが選べますが、普通のマイクラを楽しみたいならサバイバルでOKです。企画などやりたいことによって、いろいろ変えてみるといいかもですね。

設定⑥:難易度の設定

ワールドの難易度を変更することができます。

  • ピースフル
  • イージー
  • ノーマル
  • ハード

マイクラ初心者がいる場合だと「イージー or ノーマル」がおすすめです。

難易度に関しては別の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

»参考:【マイクラ】サバイバルモードにおける4つの難易度の違いを解説:おすすめはイージー以上です

設定⑦:ワールドサイズの変更

サーバーが生成するワールドのサイズを変更できます。

基本的にわざわざ設定する必要はないですが、プラン的に読み込みがキツいとかいう場合は、サイズを制限して使ってもいいかもしれません。企画として狭くするとかもありかもですね。

設定⑧:マップタイプの設定(Java版のみ)

ワールドマップタイプでは、生成されるバイオームなどを設定することができます。

ただしここを途中で変更すると、現在のワールドは削除されてリスタートとなってしまうので注意です。設定したい場合は必ず一番最初に行なっておきましょう。

以上が、「Minecraft manager」を使ってできる内容です。

まとめ:ConoHa VPSは初心者におすすめのサーバーです

この記事では、ConoHa VPSを使ってマインクラフトのサーバーを構築する方法についてお伝えしました。

自動構築という仕組みが優秀すぎて、かなり簡単にサーバーを立てれるので初心者にはおすすめです。

料金的にも優しいサーバーなので、この機会に仲間たちとマルチプレイができるサーバーを作って楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA