【マインクラフト Wii U】ゾンビピッグマントラップの作成を開始|処理層の作成方法と材料収集《PART212》

今回は以前から作成しようと考えていた《ゾンビピッグマントラップ》を作成していきます。

作成するトラップはネザーゲートを利用し、現世に作成していきます。
これを作るにはかなりの材料が必要となりますので、今回はその材料の下準備から処理層の作成までを行っていきます。




ゾンビピッグマントラップを作成する意図

ゾンビピッグマンはネザーの世界にスポーンするMOBです。
倒すことで《腐った肉》《金塊》《金の剣》、良い場合は《金の延べ棒》をドロップします。

このドロップアイテムをみると分かるとおり、ゾンビピッグマンはトラップを作成すれば《金》を収集するための効率がいいモンスターです。

というわけで今回作成に踏み出した意図は、金不足の解消をし大量の金で優秀な村人を生み出すためとなります。

ゾンビピッグマントラップの材料

このトラップはネザーゲートを必要とするトラップなので、大量の《黒曜石》が必要になります。
黒曜石さえ大量にあれば、ほぼ付近の資材で作成できてしまうトラップです。

黒曜石の収集は大変ですが、これは以前行っていたのでこれ以外の材料を調達します。

土台の材料の収集

土台の材料は本来なんでも問題ないとは思いますが、中の様子が見えやすいように《ガラスブロック》で作成することにしました。

ガラスを作成するには《砂》を焼く方法もありますが、WiiU版は特に資源に限りがあります。
砂は《コンクリート》にも使用する素材なので、できれば節約したい…。

そこで今回は村人から取引によって《ガラスブロック》を大量にいただく方法で集めました。

村人の中でも《司書》の職業の村人と取引することで、エメラルド1個を消費してガラスブロックが3〜5個くらいは入手することができます。

この方法である程度の資材を調達して、足りない分は随時取引で補充しながらトラップを作成していくことにしました。

ゾンビピッグマントラップの作成(処理層編)

今回はゾンビピッグマントラップに挑戦ということで、処理層の作成を行っていきます。
水流などの調整が多少難しかったですが、そこさえできればある程度簡単です。

処理層の土台作り

〈アイテムを回収する仕組みを作成〉

作成の流れ

①チェストを設置する。
②ホッパーを3つチェストに向けて設置する。
③ホッパーから2ブロック上の場所に、ホッパーの場所を空けて周囲にブロックを設置する。
④周囲に設置したブロックの下に上付きのハーフブロックを設置する。

アイテムの回収場所は、ゾンビピッグマンを集める場所でもあります。
最終的にホッパーの上にゾンビピッグマンが大量に乗り、ハーフブロックの隙間から攻撃もできるといった仕組みです。
ハーフブロックの設置は、子供のゾンビピッグマン対策です。

〈中心に集める水路を作成〉

作成の流れ

8ブロックの長さの1段目を作成する。
5ブロックの長さの2段目を作成する。
③両端から水を流す。

最初に作成した回収部分のブロックを合わせて8ブロックの1段目を作成します。
1段目は周囲に2ブロックの壁を設置する必要があります。

次に1段目から続けて5ブロック分の2段目を作成します。
2段目は周囲に1ブロックの壁を設置しておきます。

最後に両端から水を流せば完成です。

〈湧いたゾンビピッグマンを中心に集める水流を作成〉

作成の流れ

①中心に集める部分の壁の高さの場所から、壁を含めて8ブロック分の1段目を作成する。
②1段目の後ろに1段高い5ブロック分の2段目を作成する。
③壁を設置して水を流す。

1段目は中心に集める水路の壁の高さに平面を作成します。
壁を合わせて8ブロックになるように、壁から7ブロック追加すれば1段目が完成です。

2段目は1段目から5ブロック追加して作成します。
これで処理層の大半は完成です。

作成した土台の周囲に2ブロック分の壁を設置します。
段差になっている部分はモンスターが外に出ないように、3ブロックの高さにしておきます。
最後に水を両端すべてから流せば完成です。

これでようやく処理層が完成しました。
次回は湧き層を完成させて、実際に動かしてみたいと思います。

以上、『ゾンビピッグマントラップ〜処理層編〜』でした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です